僕は友達がいない

連絡を取りたい方はhttps://twitter.com/kuron_hatenaかkuronhatena@gmail.comまで

これは男性向け生理用ナプキンレビュー記事です

日本人の9割には意味不明なタイトルだと思う。

だけどこういう情報を必要としている人はいると思うし、ググっても参考になる記事がなかったので、自分で書いてみることにしました。

この記事に関しては、不定期で更新していく予定です。

 

//追記:この記事が想定する読者について(長いです)

僕はクローン病を患っています。
クローン病の好発部位である回盲部に狭窄ができたため、腹腔鏡手術による切除を経験しました。
以来慢性的な下痢に苦しむようになり、副次的な症状として痔瘻も患っています。
痔瘻の治療のために外科的治療としてシートン法を試したのですが、その後再発しました。
慢性的な下痢を改善しないことには、シートン法をもう一度試しても再発してしまうだろう。そんな状況では痔瘻の悪化を抑えるためにシートンを入れっぱなしにする必要がある。だけどそれは痛くて辛い。
そんな事情から、主治医と相談の上で「普段はボラギノールを使って誤魔化しながら」「ダメだったら患部を切開して排膿する」というサイクルを繰り返しています。

この記事は、僕みたいな痔瘻を患っていて膿が垂れるし、時々下血してしまう。だけど根治的治療によって症状を改善することが期待できない人向けに書いています。

膿や下血を吸収するナプキンを手放せない&手放せる見込みがない人向けというわけです。

ちなみにですが、シートン法を現在進行形で試している方は、素直に介護用オムツをお勧めします。ブカブカだからシートンが刺さって痛い思いをすることはないし、患部からの出血が漏れ出す心配もなくて安心して熟睡できます。

//追記ここまで

 

その1

エリスの「コンパクトガード」

コンパクトサイズ、軽い日用、羽なし17cm

f:id:kuron_sub:20190531195404j:image

 

使用感

 

薄い!軽い!小さい!

生理用ナプキンがクッションなら、これはシールって感じ。

パンツに貼りつけるまでは同じだけど、圧倒的に薄く軽いので、ナプキンの自重でブリーフが引っ張られて股下に妙な空間が生まれることもありません。

薄いタイプにありがちな「鋭利な羽」もなく、陰嚢が痛くなることもない。使用感は快適の一言。

 

難点はその面積の狭さと、吸収力。

股下に貼り付けた場合、お尻の方までカバーしきれない。

お尻のほうに貼り付けると今度は股下が漏れてしまう。

小さめのブリーフを履けばなんとかなりそうだけど、快適性はプラスマイナスゼロで落ち着きそう。

そして薄いだけあって吸収力が心許ない。

下血した日とか最悪で、まるで絵の具を擦り付けたような感じになる。つまり、吸えてない……。

それに加えてナプキンのクッション性をあてにしてお尻を守っていた人の場合、これをつけて椅子に座ると悲惨なことになるので注意が必要です。

 

体調が良いときだけ使える製品って感じかなぁ。

 

その2

ソフィ「ボディフィット」

ふつうの日用、21cm、羽なし

f:id:kuron_sub:20190602131059j:image

使用感

広い、厚い、痛い……。

他社製品を色々試していたところ、最終的に辿り着いたのがこの製品。

魅力はなんといってもその厚さと広さ。

股下に貼り付けてもお尻の方までカバーしてくれる安心感はなかなかのもの。

おまけにクッション性がよくて、外出時には臆することなくベンチに座れる。

難点は鋭利な縁(ふち)。

羽なしと書かれているけど、羽の代わりに和紙がついてるような感じ。

紙で手を切るように、汗疹ぐらいなら普通に潰れます。辛い。

 

心理検査の過程で、過去の自分と向き合うことに

お久しぶりです。クローン病を患っているくろーんです。

今回は発達障害の有無を調べる検査のために、大阪精神医療センターへ行ってきた話をしたいと思います。

発達障害に関する検査は二日間に分かれており、一度目の受診は親同伴で幼少期の態度について聞き取るというもの。二度目の受診では心理検査を行うというものでした。

この記事で扱うのは一度目の受診、つまり親同伴の聞き取りについてです。

 

まず前提ですが、僕はクローン病を患っています。

小学校高学年の頃に体調不良となり、当時は過敏性腸症候群と診断されました。だけど必死の思いで塾に通い詰め、そのおかげで中高一貫校の私立中学に合格。

なおも体調不良続くことから内部進学を諦め、単位制高校に進学します。そこに四年間在籍して、五年目を迎えるかどうかというときに体調不良の原因がクローン病だと発覚しました。それで心が折れて学校を中退して、以来ずっとひきこもりです。

 

それゆえ僕の長年の目標は、中学受験の頃に戻ることでした。肉体的にも、精神的にも。机に向かえば勉強に集中でき、なによりも勉強に情熱を持てたあの時代。というか僕の全盛期。

今が苦しいからこそ、あの頃持っていた集中力がある種の万能感のように思えて、ずっと取り戻したいと思っていました。

 

だったんだけどさぁ……。

先生「精神科にかかったことはありましたか?」

母「ええ。小学三年生の頃に通院していました」

まじか。

曰く、僕は小学校三年生のころにいじめられ、不登校になったという。

そこで学校側から「精神科に一度かかってくれ」と言われ、そこでついた病名が過敏性腸症候群だったのだ。その結果僕はこの病名に振り回されることになり、体調不良の原因がクローン病だと判明するまで時間を要することになった。

 

思い返せば小学校高学年のころは午後からしか学校に通った記憶がない。原因はいじめだろう。グラウンドを横切り校舎に入るもんだから、授業中の生徒たちからは窓から身を乗り出し手を振られ、父からは「重役出勤」とバカにされていた。

ああ、そうか。この頃から父とは不仲だったんだな……。

そして弟が僕を嫌っていたのは、この件で色々言われたからなんだな。

 

そして前後する形でなにかあるたび僕はトイレに閉じこもるようになり、それは中学受験のために通っていた塾でも同じだった。

どのタイミングで、どうして塾をやめたのか。つい最近まで思い出せなかったのだが、これもトイレに閉じこもる癖が悪化したからだった気がする。

 

そういえば小学校時代は放送部に所属して僕は朝の当番だったのに、午後からしか通学しないもんだから一度も当番をこなせなかった。その点をクラブ集会で論われることがあったっけ。

理由をいうまで座るなっていわれたんで、集会が終わるまでずっと立っていたのを覚えている。

小学生のころ、クラスメイトが引っ越すというんでお別れ会をしたんだけど、途中で抜け出した記憶もあるなぁ。

授業参観中に喧嘩をした思い出もある。

 

なんだよ、思いでポロポロって感じじゃないな。ボロボロだし、ガッタガタじゃないか。

 

これからどうしよう……。

心理検査の結果は三週間後にでる。受診日は4週間後だ。

それまでは結果もわからず、薬も出ないまま。

シュレーディンガーの猫だ。

よくわからないソワソワとした焦燥感を抑えたくて、発達障害を扱った本、「変光星」や「火星の人類学者」を読んだ。前者は発達障害の自伝で、後者は最終章で発達障害の患者について扱っている。

だけど正直どちらもぱっとしなかった。

僕は目が悪いし、頭が悪いし、お腹がゆるいし、汗っかきだし、人の言葉を聞き取るのが苦手で、特に電話口の会話はからっきしだ。

似ても似つかない感じがした。それはいうなれば僕は発達障害じゃないってことであり「あれ……じゃあ薬は処方されないし、問題は解決しないのでは」と暗澹たる気持ちでいる。

 

目標としていたものが揺らいでいる。そんな中で行き先もわからない。どうすりゃいいんだ……。

雇用してくださった会社に申し訳ない。本当はこんなはずじゃなかったんだ……。

なにを書きたいのかわからない。まとまらない。終わり。

 

1年経過したけど、クローン病患者の健康状態は改善されたのか?

1年前の私が困っていた症状は主にこんな感じです。

 

突発性蕁麻疹、肌荒れ、痒み、腹痛、下痢、下血、痔瘻、目の痒み(涙)、口内炎、不眠、食欲不振。

 

色々ありますね。

一つずつ見ていきましょう。

 

突発性蕁麻疹

突発性蕁麻疹はクローン病の治療で使っている「ヒュミラ」のせいかな?

原因は不明です。

皮膚科の先生からは「都度お薬を処方するので、それで抑えてくれ」と言われました。

衛生環境の悪いところに近づかないようにしたことで、発症の回数は抑えられています。

それでも父の所有する車に乗車すると、出るんですがね……主にお尻に。

 

肌荒れ

残念ながら改善されていませんね。

クローン病には食事療法が有効で、脂質を抑える食事をしています。

たとえば肉や油は極力避けます。どうしてもお肉を食べたい時は、鳥のささみや、肉もどき(大豆で作ったスポンジみたいなやつです。殺生厳禁なお坊さんが肉の代替として使っているそうです)で済ませます。

それらに加えて僕は植物油も避けています。元々お腹が緩いので、天敵なんですよね。

結果として肌は乾燥。肌荒れになるというわけです。

保湿クリームを塗ってみたこともあるのですが、多汗症ということもあり、とんでもないことになりました……保湿クリームが垂れてくるんですよ……。

というわけで、入浴回数を減らして3日〜4日に一度シャワーだけ浴びてすませる生活にすることで、なんとか凌いでいます。

なお入浴はここ5年ほど行っていません。痔瘻を患っている場合悪化させる原因になってしまうというのが理由の一つ、他に次に入浴した人が膿で汚れたお湯に浸かることになるので好ましくない、等。

後者については「じゃあ、最後に入浴すればいいじゃん」と思われそうですが、自分の父は深夜に入るので無理なんですよね……。

 

痒み

改善されていません。

時々もんどりを打ちたくなるほど、お腹が痒くなります。

これが多汗症のせいなのか、クローン病の炎症のせいなのかわかりません。

それに加えて、汗腺の集まっている場所を無意識にボリボリと掻き毟る癖があるようです。

ひきこもり支援の一環として解放されている場所を訪れたところ、そのことを指摘されて驚きました(今まで気づかなかった)。

他にも左下腹部に手を置く癖があったり(こちらは腹痛が原因)。

 

腹痛

改善されていませんね……。

クローン病による狭窄は、外科手術で取り除きました。

ですが、それ以来慢性的な下痢に苦しむようになり別の意味で腹痛に……。

そして下痢ということは、おならがよくでるということです。

ガスがたまってお腹が痛くなることもしばしば。しかも音がすごいんですよ……ボコボコ。

人混みの空間で神経使い疲弊するのは、痔瘻や下血よりもこっちが原因ですね。

特に満員電車だと地獄です。お腹がぐーぐー鳴っても逃げ場ないですからね。

こんなんで本当に高校認定試験受けれるのか?と疑問に思う日々です。

 

下痢

改善されていません。

毎日下痢です。

ボラギノールを一日2本(上限)使って凌いでいます。

逆算すると、1日の排泄を二回にまで抑える必要があるので、食事は1日2回までです。

1日2食で体重を維持するのはなかなか難しく、減少傾向が続いています。

ここ最近は完全食のcompを利用するようになり、なんとか現状維持できていますが……。

 

痔瘻

改善していません。

腫れたり、腫れなかったりを繰り返しています。

この1年でも痔瘻が悪化してしまい排膿するために、当直の先生に切開してもらうことがありました。

普段通院している病院では、まず最初は抗生物質を処方され、ギリギリまで切開してくれません(抗生物質で治ったことはないのに!)。

そこで近場の病院に飛び込みでいったのですが、めちゃくちゃ嫌がられましたね……。

先生からも「毎年こういうことをしているなら、ちゃんと治療したほうがいい」と外科手術を勧められました。

だけどその病院にはibdクローン病の患者数は少ないため、専門医は殆どいません。そのかわりによく似た症状の病気を総合してidbと呼び、それを専門とする医師がいる)の専門医がおらず不安だったのでお断りしました。

普段通院している病院で相談したところ、予防的な外科手術は行わない。シートン法(痔瘻が再発しやすい患者向けの外科的治療法。普通に手術すると、肛門の括約筋を傷つけてしまい、何度も手術することでうんこが漏れてしまうようになるので、こちらの治療法が選択される。治療期間は最低半年〜平均1年はかかる)はしないと明言。頭抱えています。

 

下血

改善していません。

二時間ほど歩行を続けると、排泄時に血が混ざるようになります。痛いです。

僕は慢性的な下痢なので、下血するということが傷口に細菌が入り込み、痔瘻が悪化するということにつながります。

歩くだけでもスリルを感じる。まじで辛いです。

 

目の痒み(涙)

改善されたのかな?……

深夜に泣き出して枕を濡らすことが多かったです。

極度の情緒不安定が原因と自己診断していたのですが、目薬を点したら改善されました。

目薬を使う前は日に何度も目だけを洗っていて「ワシ、なにをやっとるんや」と思っていました。

 

口内炎

改善されていません。

クローン病の症状の一つだと思います。

クローン病は粘膜ならどこでも炎症が起きます。口内炎は典型的な症状というわけです。

塗り薬使いながら、諦めムードです。

 

不眠

中学生時代の僕は過眠でした。

金曜日の午後に寝て、目が覚めたら日曜日の午後6時。学校の宿題は手付かずで、泣きながら消化するみたいな。

対して今は不眠です。

睡眠サイクルは16時間起きて8時間寝るのではなく、24時間〜起きて、その後寝るって感じです。

暗くなったから寝ようとしても、色々思い悩んでしまい、力尽きて意識が落ちるまで眠れないといった感じです。

御察しの通り、時々日中に眠ることになります。申し訳ないです。

 

食欲不振

食べられません。

クローン病のせいで「好きなものが食べられない」から始まり、「下痢の回数が増えるから食事の回数を減らしたい」につながり、「食べる必要性がないから、気の向いた時だけクローン病でも問題のないものを適当に食べる」を続けていたところ、胃が小さくなり1日一食でも胃もたれを起こすようになりました。

運動すれば腹を減るのでは?と考えジョギングやウォーキングをしたこともあったのですが、下血→痔瘻の悪化→発熱のコンボで挫折。

現在は1日一食の生活を続けながら、水分補給の感覚でコンプを摂取することで、かろうじて体重を維持しています。

 

ずっとお金に困っていて、それで色々な人と喧嘩をしてきました。

両親だったり、祖父母だったり、いとこだったり。

父の仕事関係の方が不払い金の催促のために自宅へ押しかけてきたこともありました。深夜に車のクラクションを鳴らされ、警察に通報したこともあります。

だからこそ、お金さえあれば何か改善できるんじゃないか、と思っていました。

結果として改善できたのは、体重減少と目の痒み(涙)だけ。

取らぬ狸の皮算用っていうんですかね。

お金があれば体調が改善されて、勉強もはかどり、高校認定試験を受けられ、合格して進学し、普通の社会人になれると思っていました。

ですが僕に普通は無理なようです。

なにやっても悪目立ちするし、なにもしなかったらお荷物になる。

そのことが分かった一年でした。

彼女が欲しいとか、結婚したいとか、子供が欲しいとか、そういうのは望んでいないです。

ただ人並みの健康が欲しいです。

健康番組で「一駅分ぐらい歩きましょう」なんてアドバイスが出てきたときに、無性にイラつく自分が嫌いです。

この一年間で買ったもの一覧(売却済み含む)

 一周年企画第二弾です。

 簡単にまとめていきます。順不同です。

 

トゥルースリーパー シングル用

 地方のTV局のCMでよく見かけるやつです。体重が落ちすぎて身体が角ばってしまい、節々が痛かったので購入しました。

 畳みたいな布団が、病院のベッドのようにふかふかになります。沈み込む深さは浅いものの、角張った関節をうまくフォローしてくれます。

 難点は価格と異臭。

 価格は2万円ほど。購入できたのは、会社のおかげです。ありがとう。

 異臭については本当に酷いです。化学薬品の臭いがする。一週間ほど部屋干ししました(天日干しNGみたいなんで……。ヘタり具合が加速するとか)。

 

・COMP 完全食

 皆さんご存知、海外で大大大ヒットを飛ばした完全食「ソイレント」のパクりです。

 味は微妙。小麦粉を水で溶かしたような味です。熱した鉄板の上にこぼせば、お好み焼きができそうです。

 フレーバーなしのエレンタールよりは飲みやすいですね。

 純正のシェイカーは欠陥品で、少し振っただけでキャップの隙間から中身が漏れ出ます。

 一番大きいサイズで一袋10回分。1食333円ほどです。これのおかげでやっと体重減少に歯止めがかかりました。

 購入当時は本当にヤバかったです。「最近太り気味だな、食事量セーブしないとな……」と思い体重計にのると、純減していたという。完全に拒食症患者のそれですよ。痩せているのに太っていると誤認してしまうあれです。

 

ニンテンドースイッチSplatoon2

 ツッコミが入りそうなやつですね。

 フォロワーさんが遊ばれていて、衝動的に購入しました。

 人生で二番目に面白かったです(一番はゲームボーイアドバンスロックマンエグゼ2です)。

 A帯になるまでやりこんだものの、わずか三ヶ月でプレイ時間が100時間に達し、土日は寝ずにプレイする状況が続きました。

 折しも痔瘻が悪化して病院で排膿してもらったり、頬に水ぶくれができて膿が溜まったりと体調不良が続きました。

 クローン病のせいで体調が不安定なのか、Splatoonのやりすぎて体調が不安定なのか分からなくなったので売却しました。ラストフェスに参加できなかったのが心残りです。

 

Roland VT4

 バ美肉(おじさんがバーチャル美少女のモデルを受肉すること)したVTuberさんが使っていて、一時期話題になったやつです。アンプ……でいいのかな? 僕はマグロナさんの配信環境を紹介した記事で知りました。

 滑舌が悪く、どもり、人と話すことを苦手にしている自覚があったので、リハビリ(ひきこもっていて、何も話さない日もあるので)目的で購入しました。

 ヘッドフォンとマイクをぶっ刺して、アニラジの感想をつらつらと話していました。僕が敬愛する自主制作ラジオ番組「はつゆきラジオ」みたいなノリで。

 わりと面白かったしそれはそれで満足していたのですが、のちにVTuberブームの影響でRoland VT4が品薄になり、価格が高騰。今手放せばプラマイ0で済むと知りました。総額4万円~5万円ほどの出費で正直痛かったので、手放しました。

 

・iPhone8

 「お金がない!」という話をしていたのに、どうして……。いや本当に自分もそんな気持ちです。Appleとは一生縁のない人生だと思っていました。ジョブズが亡くなったときも、お金持ちが死んだって認識しかなかったし……。

 購入した経緯はこんな感じ。

  1. 親父、取引先で未だにガラケーであることをバカにされる
  2. 親父、取引先でガラケーのメール機能を使いこなせないためバカにされる
  3. 親父、取引先からLINEでやりとりしたいからなんとかしてくれと言われる
  4. 親父、母に泣きつく
  5. 母、ガラケーでもLINEはできると伝えるが、父にスマホへの移行を押し切られる
  6. 利用料が上がるため喧嘩に
  7. スマホのファミリープランに加入することに(ガラケー時代の契約を引き継いでいて、なんかややこしかった記憶)
  8. 折しもiPhone8が月々500円で利用できる2年縛りプランが発表され、僕も合流することに

 僕は2017年頃までスマホを持っていませんでした。

 僕のスマホ歴は弟が家を出ていった(勘当された)ときにスマホを置いていったので、お下がりをいじりだしたのが始まりですね。

 親から「連絡用にケータイの一つぐらい持っていてほしい」と言われたので、遅れる形でLINEモバイルに加入しました。

 その後、大手のスマホ向けファミリープランに両親が加入するとき、実は僕が加わってもさして高くならないと判明。両親と同じキャリアに合流しました。

 クレジットカードを持っていなくて色々と不自由していたので、「3大キャリアのケータイ払いが使えたら、クレジットカードの代わりになりそう」って思惑も有りました。

 

・中古 TOSHIBA製ノートPC

 母が業務目的で利用していたパソコンに色々あったため、あわてて購入。中古なのは予算の都合です。これですら親父に文句をつけられて、精神的にキツかったです。親父がパソコンを使えて、書類作成やメールのやり取りを一人でやってくれるなら必要なかったんですが……。

 

・ゲーミングチェア

 オフィスチェアではないです。ゲーミングチェアです。

 僕の痔瘻歴は長く、現時点でも8年ほど。その間低反発クッションやドーナツ型クッション、高反発クッションに通気性重視の座椅子など、試行錯誤を重ねてきましたが、外科手術を受けた今でも時々下血します。

 僕のクローン病の症状の一つに「慢性的な下痢」というものがあって、これに下血が重なると端的に言って死にます。出血部位に細菌が入り込んで化膿、水ぶくれのように膨らんで寝ても覚めても横になっても痛くて発熱までします。最後は患部(肛門の周囲)をメスで切開し、排膿するはめに。

 いい加減辛かった。何か変えたかった。だけど主治医からは予防的なシートン法(痔瘻の外科手術)には反対されているし、打つ手なし。というわけでお金のちからを借りました。

 長時間座り続けることを想定したゲーミングチェア、それもアジア人向けのモデルなら短足の僕でもちゃんと座れて、お尻も楽になるんじゃないか、と。

 価格は2万円台。アマゾンのプライムデーで購入しました。総重量20キロほど。小学生に抱えられているんですね、僕。

 

・車の修理費

 自転車操業状態で車検を受けるお金がなかったため、父が友人のところに頼みこんで、そこで車検を受けていたようです。だけどツケだけで80万円を超えたため(この他にも未払金がある)匙を投げられたのか、ある日突然業務用の車が故障。

 高速道路をかっ飛ばしているときに故障しなくてよかったね……。

 この車で何度も病院へ送迎してもらったので、後ろめたさから修理費を出しました。

 

・服一式(ユニクロ

 僕は物持ちがいいほうで、今でも中学生時代の服が残っていて部屋着として着ています。

 たださすがにそれってどうなの? とスカイプで通話中に指摘されたので、病院の帰りにユニクロで服を買ってきました。一着2000円。頭おかしいと思いました。

 家庭環境を卑下したい、とかそんなんじゃないんです。大阪だと一着500円以下で服を買えます。そんな環境で、デートに行くわけでもないのに2000円の服を買おうと思います? 店頭であんまりにも悩みすぎて、お客さんに声かけられましたからね。店員じゃないですよ。お客さんです。

 そこで色々相談して白のワイシャツを買ったわけですが、色々褒められたんで舞い上がっちゃんですね。値札剥がしてもらって、トイレの個室で着替えてからその服装で帰宅したんですよ。

 自宅の洗面台の前に立ってびっくり。乳首が透けているんです……。羞恥プレイかよ。

 諸々含めて一万円ほど使った記憶。

 

・A&G NEXT GENERATION Lady Go!!の解散ライブの模様を収めたDVD

 僕がひきこもっていたころ、文化放送(ラジオ)で鬼リピートしていた月曜から金曜までの帯番組。それがLady Go!!です。

 金もなく、体力もない(当時すでに体調不良)が時間だけはある。そんな悶々とするだけの青春時代を生きていく上での心の支えでした。

 だけど気づいたらパーソナリティを務める声優陣が全員売れっ子になってしまい、スタッフを交えた番組終了後の反省会の開催すらままならない状況に。

 その結果、番組は人気のまま終了。

 この番組は大きなイベントは五回やっているのですが、イベントの模様は第二回からDVDにおさめて発売されています。

 第一回のイベント後パーソナリティが1名変更になり、韓ドラ好きからソ連好きに変わりました。僕はLady GO!!の前番組だった「超ラジGirls」が好きで、Lady Go!!のことはむしろ嫌いでした。まともに聞き始めたのも「パーソナリティの一人が、赤の手先でヤバイ」と話題になった2年目からです。

 以来ずっと好きで、カネがないといいつつもこのDVDだけはなんとか入手していました。だけど、この解散ライブDVDだけは買えなかった。

 だっていつまでたっても発売されないんだもん。ファンの間では制作中止説まで飛び出して……ディレクターだったキャップがどこかの番組にでるたび、DVDはどうしたって書き込まれていましたね。

 それがやっと発売された。だけどイベントの現地販売のみ。

 通販で購入するにはさらに半年も要することに……。

 それがやっと買えたわけです。嬉しいですよね。

 感想?それがねぇ、怖くて見れてないんです。信じられないでしょ?買ったくせに見てないんですよ、こいつ。

 

・洗濯機

  唯一の関西資本(ここ強調)ジョーシン電気のオンラインストアで購入しました。ポイントが3000ほどついたので、けっこう高かったはず。

洗濯機が故障してしまい、やむおえず購入しました。

 

・メガネ(母用)

  僕の母は長年コンタクトレンズを愛用していたのですが、数年前に片目だけ紛失。

片目だけだとかえって危ないという理由から、以来裸眼で生活していました。

雨の日も、風の日も。深夜に自転車をこいでいる時でさえ……。

自宅近辺は交通量が多いこともあり、帰宅が夜遅くになる日は気が気ではなかったです。

というわけで、プレゼントしました。メガネのフレームを決める時、デザインを気にしていてちょっとびっくりしました(セール品の服しか着ないぐらい、無頓着な方なので)。

 

 

 長くなりましたが、こうやって色々買えたのは、偏に雇用してくださった会社様のおかげです。本当にありがとうございました。

一周年だったようです。

Twitterにログインしたところ、アカウント開設一周年だと表示されました。

一周年……つまりhagexさんの一周忌でもあるわけです。

あのアカウントは低能先生で話題となっていた「アノニマスダイアリー」に求人の書き込みをして、反応があったかたと連絡を取るために開設したものですから……。

 

この一年、本当にいろいろなことがありました。

いろいろありすぎて、全部書いたところ一万字を超えました。

あんまりな内容なんで、せめて二千字で収まるぐらいまで推敲してから後日投稿しようと思います。

 

とにかく今は感謝の気持ちでいっぱいです。

僕を雇ってくださり本当にありがとうございました。

おかげで生活を立て直せました。

電気ガス水道の料金もやっと毎月払えるようになりました(ずっと一ヶ月遅れで支払っていた)。

10年ぶりに洋服店ユニクロ)を訪れ、服を買えました。

それと本も買えました。

なにかほしいと思ったとき「買おうと思えば買えなくもない」という幸せを日々噛み締めています。

そしてブログを見てくださった方にも感謝を。靴とカーテンと障子を送ってもらいました。めっちゃ役立っています。本当にありがとう。

 

この五年ほどは持っていかれるばかりで、腹腔鏡手術で回盲部を切除したときには、得るものがない人生のまま終わっちゃうのかな、と鬱々としていました。

だけど今は頂いてばかりの日々で、なんとかして社会に還元しなければ、という熱意に燃えています。

次の一年は前に進んでいく一年にしたいです。

これからもよろしくおねがいします。

ひきこもり、ユニクロで服を買う

クローン病だと判明し、治療を始めたのは僕が20歳(21かも)の頃。

当時は体内の炎症が酷かったため、平熱は37度台だった。冬でも暑く、涼むために床で寝ていた。

健康維持のために食事療法に手を出したけど、脂質制限が厳しいので肌が乾燥してふけの量がすごいことになった。体調不良も重なり床掃除が億劫になって、普段着は薄着の長袖、長ズボンに変わった。もちろん、袖口は閉まってる。

 

あれから5年。僕は外科手術を受け、平熱は36.5度になった。

だけど、服のタイプはあの頃のまま。セール品だったので購入したワンサイズ上の服に袖を通している。

時々女物の服も混じっているけど、男子トイレに入ってくるような大阪のおばちゃん達が愛用している服なので、いうほど女性的な感じもしない。

外出するのは散歩か定期通院のときのみ。

デートに行くわけではないので問題はなかった。少なくとも僕の中では。

 

だけどここ最近両親や主治医以外の方と話す機会があり、そこでちゃんとした服を購入するように勧められた。

とは言われても……。靴下のワンポイントすら厳禁な学生時代から直通ルートでひきこもった僕に、ファッションセンスなんてものはない。

 

及び腰の僕に勧められたのは「ユニクロ」。

多くの日本人はユニクロを勘違いしていると思う。

ユニクロ=安いという共通認識があり、貧乏人御用達だと思っている。

かつて1000円ジーンズが発売された時には、その共通認識ゆえ恥ずかしくて部屋着にしか使えない、という声をラジオで腐るほど聴いた。

 

だけど考えてみてくれ。

ジーンズ1000円。他の服は2000〜3000円だ。

生協なら、1着500円で買えるわけだ。セールならもっと安いものがある。

服に2000〜3000円出せるか?

しかも、体重変動が激しい僕だぞ……。

すぐに着れなくなるかもしれない。シートン法なんてしたら絶対無理だ。

 

悩みに悩んだ。家にあるジーンズは全部で三本。サイズは33が2本。30が1本。いずれも冬物。夏は暑いし、33のやつはサスペンダーが必要なほどぶかぶかだ。

せめてサイズのあった夏物のジーンズが欲しい。だがサイズが合ってしまうと、ぶっかぶかな服が浮く。できればセットで買いたい……。

というわけで、ついに買いました。

ジーンズは他店で。上はユニクロで。

約10年ぶりの店頭での購入。

舞い上がって、そのまま着て帰ったよね。

 

ばーかばーか。

クローン病なんですが、体調が安定しない理由が判明した

驚くほど食ってなかった……。

 

クローン病になって以来、痔瘻が悪化する法則を見つけたくて排泄の時間帯や回数を記録していた。

その他に関してはおざなりで、食事の回数や睡眠時間の記録は気が向けば……という感じ。

 

先月あたりから、その食事や睡眠時間についても記録するようになったんだけど、記録してみてびっくり。

まず食べていない。カロリーがどうのこうのという次元ではない。そもそも1日1食だ。

ここ最近体調管理のために積極的にエレンタール を飲むようになった。飲みすぎるとお腹を下して痔瘻が悪化するので1日1本。だけどこの1本は必ず飲む。そして食事も朝は欠かさないように頑張ってみた。

結果どうなったかというと、1日1食だ。

あれだよ、ナルトだよ。

「どういうことだってばよ」

 

僕は色々勘違いしていた。

まずもって寝起きは排泄があってお腹が痛いので、何も食べない。一般的な生活リズムで食事をとった場合、この時点で多くても1日2食となってしまう。

そして昼食は一人で取ることが多いので、手間を省くためにコーンフレークで済ませてしまうことが多い。カロリーはどう見積もっても500kcalほど。空腹を感じず、それすら抜くことがある。

そして夕飯だ。

母が父のために何か作っていたら、消化の良さそうなものをいくつか頂く。ご飯なしも多いから、300kcalほど。

つまり1000kcal以下だ。

入院時、ベッドの上で寝たきりでも体重維持のために1000kcalは欲しいと言われた。

僕は1000kcal取れていなかった……。

 

もちろん、これが僕の全てではない。体調が悪くて食べ物が喉を通らないときは高カロリーのアイスを口にするし、果物を食べることだってある。とはいっても、いつもじゃない。

だから体重は維持できず、体調は安定しない。

 

エレンタール のノルマを作ってから頭がクラクラするようになって「うわぁ、食べ過ぎや。糖尿病になるかも」「今月だけで5キロぐらい太った気がする!」と本気で思っていた。

測ってみたら、56キロ。BMIは19。痩せ型である。

 

ここからは推測だ。

食事の回数が極端に少なく、しかもそれを苦痛に思わなかったのは、より大きな苦痛があったからだと思う。

それが痔瘻だ。

僕は腹腔鏡手術で腸を切って以来、慢性的な下痢に苦しんでいる。

下痢だけでも辛いのだが、これが慢性的だと痔になる。酒飲みがお腹を下して痔になるのと同じ理屈だ。

そして食事療法では改善しないため、痔瘻になる。痔に膿が溜まるやつだ。

こうなると痛くて座れないし、排泄できないし、発熱する。

膿が括約筋に飛んだら、オストメイト確定だし、そうならないよう病院に行って患部を切開して排膿してもらわなきゃいけない。

で、これを避けるためにもっとも簡単なのが排泄の回数を減らすことだ。つまり、食事回数の減少。

普通はここで成分栄養剤のエレンタールが食事にとって変わるのだが、僕の場合エレンタールを飲むとお腹を下すので飲まなかった。結果的に引き算だけして終わりでここまできたわけだ。

 

さて、どうしよう。

ちゃんと食べれば太れるし、筋肉もつけられる。だがそうすると、痔瘻が悪化して詰む。

食べなきゃ悪いなりにも今の状態を維持できるのだが、それではあらゆる選択肢の幅を狭めることになってしまうから頭を抱えている。

やはりシートン法を再度試す(そしてシートンを入れっぱなしにする)か、オストメイトになるしか選択肢はないのだろうか。

殴り返さなくていいのか?

学校でいじめられるたび、父から「やられたら、やりかえせ」と言われて育ってきた。

僕の学校はどういうわけか僕の学年だけ荒れていて、荒れている生徒だけを集めたクラスで強権的な教師が担任として面倒を見ていた。

だが教師は1人だけ。生徒は30人を超える。

どう考えてもコントロールするには無理がある。監視の目をかいくぐって身体的、精神的ないじめが起こっていた。

学生ながらケータイやパソコンを所有する子もいて、学校裏掲示板が話題になっていた時代だ。そも「学校」の、それも「教室」だけを監視するだけでは限界があった。今になって思えば、本来はもっと別の施策をするべきだったと思う。

 

学校でおきるいじめはヒエラルキー最下層の連番制だ。

持ち回り制といってもいい。

多くの場合、男子によるいじめの対象は鼻くそを食べてるような女子か、群れない男子たちだった。

図書室に入り浸っていた僕は当然群れなかったし、ドッチボールでもわざと狙われず最後のほうまで残るような立ち位置だった。

いっぽうで、いじめやすさという指標が別にあって、ヒエラルキー最下位でも殴られたら殴り返す限りは、その指標で赤点を取って優先度が下がる。

 

教師はいじめの実態を認めないし、人の尊さを教えるために「はだしのゲン」のようなアニメを見せるやつだ。

人種がいじめる要因になるなんて話はしない。グロ映像を見せるだけの、ショック療法だった。

暴力に対する恐怖を教えるだけ。

あくまで「いじめはだめ」とは教えないのだ。

だっていじめは起きていないから。

 

そんな状況でいじめが起きるとどうなるか?

「先生!◯◯君たちが喧嘩しています。」

喧嘩ではない。

複数人で囲って行ういじめだ。

だが、抵抗すればその瞬間「喧嘩」になる。

そしていつも事情を聞かずにお互い謝罪することを命じられる。なんで殴られたのに謝らなければいけないのか不満だった。

 

サンドバッグでない限り、いじめはいつも喧嘩両成敗でおわる。いいかえればどれだけ殴っても両成敗なのだ。

盲点だが、そのことに気がついた時には天啓を得た気分だった。

殴られたのなら、殴り返せばいい。

喧嘩を売られたのなら、こちらから売り返せばいい。なにも宣戦布告する必要はない。

そんなディティールに教師は拘っていない。

給食の時はみんな前を向いて座っている。

おかわりをもらうふりをして、後ろから殴りかかればいい。身長差があっても最低1発は殴れる。

喧嘩を売ってくるようなオラついたやつだ。相手も手を出してくる。

おおごとになって、先生が割って入り、両者が謝って試合は終了だ。

 

やられるだけじゃおわらせない、最後はこちらのパンチでおわらせる。

そうやって自分の自尊心を保ってきた。

僕がまともに学校に通い、集団生活を送ったのはせいぜい小学生までだ。

だからこそ、その経験は集団生活を送っていく上でのものさしになる。ネットでも、リアルでも。

 

誰かがいじめられて泣いていたら、「ひどい」や「だいじょうぶ?」よりも、「腹は立たないのか?」「やりかえさなくていいのか?」と声をかけるだろう。

いじめられた側に追い打ちをかけたいんじゃない。

僕がいじめられた側だったら、はらわたが煮えくり返って、いじめてきたやつらをぶっ殺してやりたいと思うからだ。

それを他人の目を気にして自制しているのであれば、背中を押してあげたい。君にはそれだけの大義名分がある。ただそれだけだ。