クローン病なASD

連絡を取りたい方は・https://twitter.com/kuron_hatena または・kuronhatena@gmail.comまで

ポケモンのルリナの騒動を見て、iPhoneのemojiを思い出した。

どーも、自称ツイッタージャンキーのくろーんです。

Netflixで独占配信予定の「攻殻機動隊」。ついにキャラデザを担当するかたが発表されましたね。

ロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブさんです。https://twitter.com/Kuvshinov_Ilya

 

僕はこの人の絵を大昔に見たことがあって、懐かしさからツイッターのアカウントをフォローしました。

すると、TLに次から次へと流れてくるイリヤさんのいいねを押した投稿の数々。

フォローしたくなる魅力的な絵師さんが次から次へと見つかり、頭を抱えました。

そして目に留まったのがこの投稿。

https://twitter.com/mikapikazo/status/1140199658796417025?s=21

 

僕「君、誰や……」

肌が黒くて、アニメ顔。ぱっと見、ゲーム「シャンティ」の主人公みたい。

ツイッターで検索をかけたところ、ポケモンの新作に登場するキャラクター「ルリナ」だとわかりました。

ゲーム自体は未発売なのにわりと人気なようで、次から次へと投稿された絵が見つかります。

だけど、なんか妙にリプライ(返信数)が多いんですよね……。

わかりやすくいうと、焦げ臭い。

例えばこれ。

https://twitter.com/toni_infante/status/1141414234443669504?s=21

それとこれ。

https://twitter.com/naju0517/status/1139183941758283777?s=21

僕は英語がさっぱりなので、ツイッターの翻訳機能に頼るしかありません。

予想「あー、エロ絵云々で揉めてるんやろうな……」

実際「肌の色で揉めとるんか?」

 

探したら見つかるもんで、この騒動についてはすでにTogetterにまとめられていました。

https://togetter.com/li/1367384

わかりやすくいうと、公開されているゲームのSS(スクリーンショット)やキャラデザよりもメラニンが薄い、と。

それゆえ「ホワイトウォッシュ(漂白)」といったり、「レイシスト」と呼んでいるわけです。

 

僕が「ホワイトウォッシュ」という用語に初めて出会ったのは、攻殻機動隊がハリウッドで実写化されたときのことです。

ただでさえアジア系の俳優の仕事が少ないのに、アジア人と思われるフォルムの草薙素子(全身義体だし、自身のゴースト(潜在記憶)が本物か確認する術がないのでアジア系なのかすら定かではない)を白人のキャストに変更したため批判されました(もっとも、その変更は作品のテーマに絡んでくるものだったのですが)。

その後Netflixで配信されたリメイク版デスノートも、舞台をアメリカに移したことでキラは白人に、エルは黒人となり、同じ批判を受けました(スタッフはアジア系の人なんだけどね)。

 

ただまぁ、今回の件について僕としては釈然としないところがあったわけです。

僕がホワイトウォッシュの事例として挙げた先の二つは、明確に人種が変わっていました。

対して、こちらはどちらも黒人(に僕は見える)。

心のモヤモヤは晴れません。

そんなとき、昔似たようなことで揉めた話を目にしたな……と思ったわけです。

emojiですね。

 

黄色い絵文字の意図は「ありえない肌の色」 - INTERNET Watch Watch

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/704559.html

 

詳細はインプレスの元記事を見てもらうとして、僕がemojiの騒動を知ったのは、中国人ユーザーが声をあげたからでした。

emojiの人種的な多様性を確保するために肌の色を追加しようとしているんだけど、草案のアジア人の肌の色が黄色すぎて病気みたいだ、と。

👶←これね。

当時の僕も「非アジア圏から見たら、パックマンみたいな色だって思われてるのかよ」と反感を覚えました。

その癖アジア系以外のバリエーションには幅があり、全6種類(👶👶🏻👶🏼👶🏽👶🏾👶🏿)のうち、黒人(ネグロイド)だけで3種類もあるじゃねーかと思いました(のちに、👶←はありえない色であり、デフォルト色として設定されたものと説明がありました。当時のIT業界はデフォルト色の選定に苦心していたようで、Microsoftなどは灰色だった気がします(元記事を見つけられなかった))。

 

で、今回の騒動はつまりこれなんだろうな、と。僕からすればiPhoneのemojiのうち、デフォルト色の黄色を除いた肌の色で、黒人だと思うのは先程例示したうち右3つです。そして3つとも僕にとっては黒です。全部一緒。

ちなみに黒人か否かの境界線となる基準は、アジア人(モンゴロイド)である僕の肌の色ね。

 

だけど黒人社会からするとその黒の中でも明確に色の濃淡があり、だから僕が黒人だと思う肌の色が3つも用意されているんだろうな、と(実際はどうか知らない)。

思い返せば、子供の頃よく見た「ビバリーヒルズコップ」の主演エディマーフィと、最近みたドラマ「殺人を無罪にする方法」のメインキャストであるアルフレッド・イーノックは、肌の色全然違うしね。

 

で、僕はこの騒動について自分なりに納得したんですが、実はもう一つ論点があったようです。

キャラクターの人種が明言されてないから、日焼けなんじゃないか、と。

なるほどなぁ。

そもそも名前がルリナだし、日本人名っぽい響きもする。もしモンゴロイドなら、日焼けの有無によって色が濃くなったり薄くなってもおかしくない。だからファンアートで肌の色がコロコロ変わってもいいじゃないか。

漫画「もやしもん」みたいなノリだよ(あれは別人だったけど)。

そう、こんな感じで。

https://twitter.com/hews__/status/1141135078174547968?s=21

それに対するリプ。

https://twitter.com/gladybot/status/1141157157225807874?s=21

 

ただルリナの名前は海外版ではNessaなんですね。チェレンみたいな海外版と共通のキャラ名ではなかったんです。

人名から人種を同定しようとするのは無理があるのはわかるけど、日焼けで黒くなったという解釈は不自然だと僕は思った。

 

以上。

個人用として、まとめてみた。

こういうのって1週間ぐらいで何もかも忘れちゃうしね。

スマホで書いたので画像はありません。あとで推敲するかも。

 

もうみんなしんどい

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20190603022621

https://b.hatena.ne.jp/entry/4669644633962064290/comment/ko2inte8cu

意味わかんねーよ。

なんでどいつもこいつも「殺すぐらいなら一人で死ね」って意味だって強弁してんだよ。

なんのフォローにもなってねーよ。

一人で死ねってそれ自死だからね。

僕は自死した人を非難しようとは思わないし同じような考えの人もいると思うけど、だからって自死するような選択を勧めるか普通。

そもそもなんで「殺すぐらいなら」って前提を共有できるんだよ。

殺させるなよ、他人も自分も。

訳ありだったら、富士の樹海へ行こうとしている人を見送るのかよ。

死人が出てるのに、まだ人が死ぬように指南して満足かよ。

 

もうね、精神的にきつかった。

なにがキツイってツイッターお前だよ。

TLにドン、フォロー外のオススメツイート。

なんだなんだと見てみたら、tvみてない僕は本来なら出会わなくて済んだ殺人事件ですよ。

全ての始まりはお前だツイッター。フォローアカウント以外のツイートを流すな。

f:id:kuron_sub:20190604064636p:image

f:id:kuron_sub:20190604065019p:image

f:id:kuron_sub:20190604065008p:image

他のつぶやきを見てみたら、死ね死ねで病んでくる。

f:id:kuron_sub:20190604065259p:image

f:id:kuron_sub:20190604065252p:image

「人間には思えない」ってじゃなんだよ。意味わかんねーよ。

「擁護するバカ」ってなんだよ。「一人で死ね」って言説を批判したら犯行を擁護することになるのかよ。

f:id:kuron_sub:20190604065521p:image

f:id:kuron_sub:20190604065544p:image

フォローしていた人のツイートも目に入ったし、「傍から反論するくらいなら、直接返信お願いします」って書かれていたので返信してみた。

f:id:kuron_sub:20190604070113p:image

f:id:kuron_sub:20190604070117p:image

f:id:kuron_sub:20190604070134p:image

f:id:kuron_sub:20190604070139p:image

で、このあとDMが送られてきて「娘が君のことを怒っているので」やり取りは終了。

もうわけわかんないよ。

もっとわけわかんないのは、この人このツイートの前も後も闘病生活を送ってる人たちに励ましのリプライを送っているの。

非日常的な物言いが、その人の日常と垣根なしで繋がってるの。

人の二面性なんて、フィクションでは手垢のついたテーマだから目新しくないんだけど、僕はそのギャップにやられたよ。

萎えるとか、怒るとかじゃなくて、好奇心の熱が急激に冷めていって、だけど脳みそが茹ったままで眠れない、みたいな。

もう意味わかんねーよ。世の中どうなってんだよ。自分の倫理観が信じらんないよ。何見てもしんどい。

筒井康隆は最初に「あ」を消したけど、俺なら最速で「死ね」を消すわ。なんでこんなストレスの溜まるもんばかり目につくんだよ。

これは男性向け生理用ナプキンレビュー記事です

日本人の9割には意味不明なタイトルだと思う。

だけどこういう情報を必要としている人はいると思うし、ググっても参考になる記事がなかったので、自分で書いてみることにしました。

この記事に関しては、不定期で更新していく予定です。

 

//追記:この記事が想定する読者について(長いです)

僕はクローン病を患っています。
クローン病の好発部位である回盲部に狭窄ができたため、腹腔鏡手術による切除を経験しました。
以来慢性的な下痢に苦しむようになり、副次的な症状として痔瘻も患っています。
痔瘻の治療のために外科的治療としてシートン法を試したのですが、その後再発しました。
慢性的な下痢を改善しないことには、シートン法をもう一度試しても再発してしまうだろう。そんな状況では痔瘻の悪化を抑えるためにシートンを入れっぱなしにする必要がある。だけどそれは痛くて辛い。
そんな事情から、主治医と相談の上で「普段はボラギノールを使って誤魔化しながら」「ダメだったら患部を切開して排膿する」というサイクルを繰り返しています。

この記事は、僕みたいな痔瘻を患っていて膿が垂れるし、時々下血してしまう。だけど根治的治療によって症状を改善することが期待できない人向けに書いています。

膿や下血を吸収するナプキンを手放せない&手放せる見込みがない人向けというわけです。

ちなみにですが、シートン法を現在進行形で試している方は、素直に介護用オムツをお勧めします。ブカブカだからシートンが刺さって痛い思いをすることはないし、患部からの出血が漏れ出す心配もなくて安心して熟睡できます。

//追記ここまで

 

その1

エリスの「コンパクトガード」

コンパクトサイズ、軽い日用、羽なし17cm

f:id:kuron_sub:20190531195404j:image

 

使用感

 

薄い!軽い!小さい!

生理用ナプキンがクッションなら、これはシールって感じ。

パンツに貼りつけるまでは同じだけど、圧倒的に薄く軽いので、ナプキンの自重でブリーフが引っ張られて股下に妙な空間が生まれることもありません。

薄いタイプにありがちな「鋭利な羽」もなく、陰嚢が痛くなることもない。使用感は快適の一言。

 

難点はその面積の狭さと、吸収力。

股下に貼り付けた場合、お尻の方までカバーしきれない。

お尻のほうに貼り付けると今度は股下が漏れてしまう。

小さめのブリーフを履けばなんとかなりそうだけど、快適性はプラスマイナスゼロで落ち着きそう。

そして薄いだけあって吸収力が心許ない。

下血した日とか最悪で、まるで絵の具を擦り付けたような感じになる。つまり、吸えてない……。

それに加えてナプキンのクッション性をあてにしてお尻を守っていた人の場合、これをつけて椅子に座ると悲惨なことになるので注意が必要です。

 

体調が良いときだけ使える製品って感じかなぁ。

 

その2

ソフィ「ボディフィット」

ふつうの日用、21cm、羽なし

f:id:kuron_sub:20190602131059j:image

使用感

広い、厚い、痛い……。

他社製品を色々試していたところ、最終的に辿り着いたのがこの製品。

魅力はなんといってもその厚さと広さ。

股下に貼り付けてもお尻の方までカバーしてくれる安心感はなかなかのもの。

おまけにクッション性がよくて、外出時には臆することなくベンチに座れる。

難点は鋭利な縁(ふち)。

羽なしと書かれているけど、羽の代わりに和紙がついてるような感じ。

紙で手を切るように、汗疹ぐらいなら普通に潰れます。辛い。

 

色々語ろう

近況報告だ。

寒かった2月、寒かったり暖かかったりした3月が過ぎ去り、4月となった。

室温

深夜でも室内の温度は20度を維持し、クローン病で慢性的な下痢に苦しむ僕でも、過ごしやすい環境となっている。

トイレの話

レミケードでCRPは安定し、コレバインで胆汁性下痢の回数は抑えられている。

これはチャンスか? と思い、十数年ぶりに初詣に行った。

おみくじは小吉。同行した母は凶。さすが5連続で凶を引いた女。僕を生んだだけあって、悪運にだけは恵まれている。

その後は喪中だからと神社の鳥居をくぐらずUターンしてきたご近所さんと談笑し、ジョギングコースを教えてもらった。

これがよくなかった。

体力をつけたいと同じコースを歩いたら、下血。また痔瘻が悪化してしまった。昨年末の頃から体調がどうも優れず、頬にできたおできが化膿し切開してもらったりと、今までにない症状が続いている。

表面上は復調しているように見えて、内面はボロボロなのかもしれない。

ここまでが2月の話。

その後は欝期を挟み、気分転換に映画館へと行った(詳しくは、前回の記事を)。

途中退席覚悟の遠出だったが、わりかしなんとかなった。

コレバインのおかげか、外出中でも三時間もトイレを我慢できた。あと1時間伸びれば、外出中にトイレにいかないことに現実味が出てくる。

痔瘻持ちなので、トイレはウォシュレットがなければ死ねる。この縛りがさらなる行動制限を生み自宅に缶詰になっているので、四時間トイレを我慢できるというのは、切実な願いなのだ。

屋根裏のネズミ

バルサンを焚いても、市販の殺虫剤を撒いても不死身のごとくカムバックしてきた先住民だったが、劇薬を撒いたおかげでついに息絶えたようだ。

以来甘い腐臭が鼻孔をつくのが癪に障るが、屋根裏にはなにもなかったんだからきっと壁の中なのだろう。こればっかりは妥協する。

薄気味悪さはあるものの、深夜に叩き起こされないだけマシと言える。

車が壊れた

父が業務で使っている車のコンバーターだかなんだかが壊れた。おかげで坂を登れない。

車検を受けてなかったのか、とバカにしたんだけど、どうもその車検が原因らしい。

母曰く、借金返済で首が回らず、車検は父の友人の所に頼んでいたらしい。だがツケが溜まりに溜まって80万近くある(複数台所有していたため)ので、形だけの検査が続いていたようだ。

その結果がこれ。

元が中古車だから、修理するかしないかで大揉めすることに。

ココ最近の父の浪費癖は凄まじく、金銭的余裕もないのに倉庫や駐車場を借りようとしたり、トラックを購入しようとする。

年金も滞納し、督促状が届くたび役所に文句を言っている。対応した役人が女性だともう地獄で、これぞミソジニーといった内容を耳にタコができるほど聞かされることに。精神ヤムヤム。

正直家族の間でも会話がなくて、誰かが一方的に不満をぶつけるだけの日々なんだけど、今回ばかりはしょうがないということで、修理代だけ出すことになった。さらば諭吉。

弟が壊れた

そうだ、僕には弟がいたのだ。

いけ好かないやつだったから、存在を忘れていた。

そんな性格にしたのは事務仕事を押し付け、12時回っても寝かせない生活をさせた親父のせいなんだけど……。

だけどこれすらも元を正せば、僕が私立の中学校に進学し、高額の入学費用と学費で経済的に回らなくなり、父がオーバーワークをする必要性がでたからであって、つまるところ僕が悪い。その点では負い目を感じている。

さて、弟は色々あって勘当されて職場も所在地も分からない状況だったんだけど、今年になって連絡があった。曰く、24時間シフトを続けたことで、動悸息切れめまいがして出勤できなくなったとのこと。自費で健康診断も受けたが、異常は見つからず。

うーん、お兄ちゃんからアドバイスしていいかな?精神科いったほうがいいよ。

弟の務めている職場は慢性的な人手不足なので、数週間ほど様子見してくれることになったらしい。だが復帰したらしたで24時間シフトは続くので精神的に穏やかとはいかないし、病欠ではないから無給だ。生活に困窮し、復帰するまでの期間だけでいいので、なんとか生活費を工面してくれないか、とのことだった。

つまりあれだ。

さらば諭吉(二度目)。

涙が止まらない原因判明

クローン病とは言っても症状は千差万別で、僕の場合は回盲部切除による慢性的な胆汁性下痢と、それに伴う痔瘻だ。

これに加えて多汗症が原因なのか、ヒュミラの副作用なのか、突発性蕁麻疹が出やすくなっている。かゆみを伴う発疹なんて日常茶飯事で、これは飲み薬と塗り薬で対処している。

アレルギー体質なのか、造影剤を使うと「片目だけ」腫れる症状もある。

ここまでくれば、日常的な涙目となれば花粉症かハウスダストあたりを疑うはず。ぼくはもう諦めて、毎日四、五回は目を洗っていた。

ところがつい先日、母の提案で目薬を使った所、症状は改善。つまり、アレルギーではなく、ただの目の乾燥だった。辛い。

あの苦しみはなんだったんだ……。

いい年した大人が腹や尻が痛い痛いと言いながら、枕を涙で濡らすなんて惨めでしかない。それをそういうもんだからと諦めて耐えていたんだから、今となっては馬鹿みたいだ。

まとめ

漸進的な努力は続けている。

だけど周りが物凄い勢いで壊れてきている。

そんな感じ。

過去記事のはてなブックマークが非表示になっていた。

一括で非表示にする方法はあっても逆はないようなので、反応があった記事だけ選んで再度公開しました。

以上。おしまい。おやすみ。

「夢見がちで穴だらけの『VRジェンダー論』と『性別の超越』という幻想」という記事へと雑な反応。

lacenaire.hatenablog.jp

LGBT」を汎用的な性的少数者を指す言葉と解釈して「アバター時代の恋愛はお互いを女の子と思いつつ好きあってるので性的少数者の括りでは語れない」と解釈しましょう。こう書き下すと「それって本当にそうか?」となりませんか。「女性の表象を纏って、お互いに相手の女性の表象を好いてる状態」は「レズビアン」あるいは「トランス」の括りからそう外れたものなのでしょうか?僕は全く異ならないと思います。

※太字による強調は僕がやったもの

 

「全く異ならない」の意味がよくわからない。

女性のアバターを利用しているからといって、性自認が女性だとは限らない。

外野の人間から見た場合は「レズビアン」あるいは「トランスジェンダー」の関係性に見えるのかもしれないけどさ。

 

僕はこの記事を読んだときイラッとしたんだけど、それはきっとMMOプレイヤーだからだと思う。

MMORPGではロールプレイという遊び方が存在する。

ゲーム内の特定の人種や職業になりきって立ち振る舞う遊び方だ。わかりやすくいえば、「猫耳キャラを操作して、語尾には必ずニャをつける。」みたいな。

当然だけど「男だけど女キャラを操作して、女になりきって遊ぶ」みたいなロールプレイもある。

ただし古い言い方にはなるが、それを「ネカマ(ネットのオカマ)」と呼んで区別しようとする人もいる。それはロールプレイの範疇を外れて、中の人の性別を強調することで便益をはかろうとするプレイヤーがいたからだろう。

 

それらとは別にロールプレイとは関係なく、男だけど女キャラを使ったり、女だけど男キャラを使うこともある。

MMOの場合、キャラクターの後方視点から操作することが多いので、「同性の尻を見ながら1000時間プレイするのは辛い」という理由もあれば、「いいと思ったキャラが異性だったから」みたいな理由*1もある。 

彼らがゲーム内で自分の性別について言及することは少ない。

ネカマと違ってプレイヤーの性別について言及することで利益を得ようとする動機がないってこともあるし、日本語圏のユーザーはボイスチャットに対して異常なほどの嫌悪感を示すので、あえて言及することがなければ、あたかも「シュレディンガーの猫」のように、観測するまではどちらでもいられるからだ。

そしてその状態は気楽だ。

 

僕はMMOプレイヤーだったから、最初のツイートをそのような関係性の中での恋愛だと解釈した。

だからこそ、うんうんと頷いた。

 

これは実体験なんだけど、かつてとあるタイトルのMMOを遊んでいるとき、中のいいゲーム内のフレンドから「ゲーム内で結婚しないか?」と誘われた。

僕は困った。

というのも、僕のキャラは異人種の女。

相手はさらに別の異人種で男。

そして僕に対して「風俗の利用歴を赤裸々に話すほど」打ち解けている???

「男キャラと結婚するのもなぁ」と思い、ゲーム内の別のフレンドにどうするべきか相談した。

すると「あのひと女性っぽいから、ゴタゴタはおきないと思う*2」と助言を受けた。

いわく「風俗に通っている」アピールはしているものの「女友達の話し相手が欲しくて通っている」だとか、「お金は払っているけどなにもしていない」とか話しているという。そしてアイドルの追っかけ歴やプレイ時間帯を勘案するに、主婦または実家ぐらしの家事手伝いではないか?とのことだった。

ネカマプレイをするような人*3ではなかったので、女性だと推察されるような情報を撒き餌するメリットは特に無い。

なるほど確かに説得力はある。

 

一方で別の問題も僕の中で浮上した。

操作キャラの中の人が女性だからといって、男キャラに彼氏面されるのは嫌じゃないか?(生理的嫌悪)

だけどやっぱり、彼(彼女)の期待を裏切るのは申し訳ないし、女であることをロールプレイするのは骨が折れそう(マリッジブルー

というか、このゲーム同性婚禁止している(仕様上できない)し、このゲームを愛するプレイヤーとして倫理的にどうなんだ?(開発チーム至上主義)

などなど。

周りはどうしていたかというと、「記念に」とか、「流行っていたから」とか、「運営チームのスタッフと話せると聞いたので」とか様々。一言でいうと、「どうでもいい」と言った感じ。

この「どうでもいい」という空気感はのちにリリースされた「FF14」というMMOでもプレイヤー間で共有されていて、ゲーム内で同性婚に相当する「エターナルバンド*4」というシステムが実装された際、同性婚ができる仕様に反対している人は見かけなかった。(パートナーが見つからないプレイヤーは、それを実装するリソースを新規ダンジョンの制作につぎ込んでほしい、と怒っていたが)。

 

長くなったけど、冒頭の記事のタイトルでは「『性別の超越』という幻想」と触れられているが、実際は超越というより、「どうでもよくなる」と言った感じだと考えている。

自分やパートナーの性自認はどうでもよくなる。

僕は子供の頃に「性別なんて関係ない」みたいなキャッチコピーを見かけたんだけど、あれは自分の性自認性的指向を受け入れた上でポジティブに捉えようとするものだったと思う。

だけど、それが文字通り関係なくなって*5、しかも「物理的で身体的な接触」すら必要としなくなったら?

LGBTの運動を見ていると、自分自身の性自認性的指向に誇りを持っている人が多いように思う。

そして記事内で触れられているLGBTの後者の用法と照らし合わせても、困難になってきた感があると僕は思ったんで、なんとなく書いた。

言葉とはその都度必要に応じて拡張されてきたものなので、LGBTに当てはまらなくなってきたと感じるなら新しい言葉を作ってもいいと思うし、それを否定することもないと思う。

*1:MHFモンスターハンターシリーズのオンラインゲーム版)では女性キャラのほうがローディングが短くなる、みたいな話があって、弟は女性キャラを使っていました。

*2:結婚したあとに同性だと判明し、ギスギスすることを考慮しての発言

*3:基本ソロプレイなので、女性だとアピールしても貢いでくれる人もいなければ、囲ってくれる有志もうまれない

*4:なお式に際して面倒なクエストが存在するうえに、豪華な引き出物を用意しようとすると現実社会におけるお金(リアルマネー)がかかる。そして離婚できない。

*5:性自認が男でも女でもない人のことをXジェンダーと呼ぶらしいけど、それとも違うよね

地獄の2月が過ぎ去ろうとしている

つらつらつらつら。

つらつらの辛。

もう21日。

生理用ナプキンの消費は激しく、入浴すればフケに悩み、体温は不定期で定期的に38度台を記録。

行ったり来たりの気温のせいで、下痢は悪化。

下血になって、気分は女。

実は半陰陽で、腹を割いたら子宮がありそう。

なんかお腹もそわそわするし……。

これはあれや……。

パンダの想像妊娠や(呆れ)。

 

救いはないのか(´・ω・`)