ひきこもりの人、社会的ひきこもりの人、どこかにいませんか? 僕とチャットしてくれませんか?

 先日こんなツイートをした。

 僕が最初に引きこもったのは小学校高学年のころだ。

 発端はいじめだったが、その後原因不明の体調不良に悩まされるようになった。

 塾通いや私立中学校への進学で断続的に外出していたものの、基本的には自宅療養の日々。

 20歳のころにクローン病だと発覚して以降は、「ひきこもり」らしい「ひきこもり生活」を送っている。朝自宅で目が覚めて、日中を自宅で過ごし、夜就寝する。

 とはいっても、通院日には外出するし、急に催してもトイレに駆け込める範囲であれば、散歩にもでかける(個人差があるものの、クローン病は著しくトイレに近いのだ)。

 これを「社会的ひきこもり」というらしい。

 らしい、というのは、中学校のころに過敏性腸症候群の診断書をもらうために精神科にかかって以来、クローン病以外では病院のお世話になっていないからだ。

 自分の置かれている状況がよくわからないのだ……。

 

 そこで身勝手な相談だが、「ひきこもり」または「社会的ひきこもり」のかたで、自身の境遇を教えてくれるかたを募集したい。

 ※ひきこもりの定義は、「ひきこもり」そのものよりは、「社会的ひきこもり」のほうに寄せている(自分のおかれている状況に近いので)。


 目的はチャットだ。

 自分以外の「ひきこもり」の人がどんな生活を送っているのか知りたい。このさき生きていくうえでの参考にさせてほしい。

 僕の両親は高齢で60代だ。いっぽう僕は25歳。

 いくらクローン病で体調不良だからといっても、寿命に影響するような病気ではないから、親のほうが早く死ぬはずだ。僕の自宅は貧乏で、貯蓄はなく、借金はある。親族には様々な事情から縁を切られてしまった。両親が亡くなったとき、頼れる人が居ない。

 そんな状況だから、将来に対して漠然とした不安がある。その不安は同じような環境の人なら、きっと共有していると思う。だけど各々事情が違うはずだから、不安を抱えるような生活でも、人によってはこれから生きていく上で、参考になる経験談もあるはずだ、と考える。そうでなくても、自分の立ち位置を再確認する貴重な機会になるはずだ。そんなイメージ。

 

 チャットで生活状況やひきこもりに至った経緯、実家ぐらしや生活保護の有無や親子仲についてとか、色々聞きたいです(僕のところは険悪なん だ)。 

 こちらから差し上げられる報酬のようなものはなにもないし、チャットして色々聞かれているうちに嫌になるかもしれないけど、いつだって一方的に打ち切ってくれて構わないし、逆になにか聞いてくれても構わない。

 そんな感じでよろしく。

 チャットのツールをどうするか、についてはそちら側の要望にあわせます。捨て垢でもいいので、ツイッターのアカウントにDM送ってくれたら返事返します(相互フォローなしでDM送れます)。https://twitter.com/kuron_hatena