僕は友達がいない

https://twitter.com/kuron_hatena

「ROMA/ローマ」レビュー Netflixで観るには、相性が悪すぎる。

話題作の「レディープレイヤ-1」は見たし、アマプラで配信期限が迫っていた「マンチェスター・バイ・ザ・シー」も無事消化。

半ばノルマ的に「ROMA/ローマ」にも手を出しました。 

アカデミー賞受賞作ですって。

 

感想

なんというか、すげぇ変な映画。

映像も、ストーリーも。

この映画、全編モノクロなんだけど細部まで超鮮明なの。

「モノクロ=昔の映像=ぼやけている」という方程式が頭の中で出来上がっていたので、面食らったよね。

そしてへんてこなストーリー。

メインキャラの一人を孕ませた男は武道にハマっているんだけど、セリフからしてその先生は韓国人らしい? だけどいっちゃわるいが韓国人に見えないし、木刀を振り上げるたび発せられる掛け声が「いち、に、さん、し」なので、おいおい「ウルヴァリン・サムライ」いや、ハリウッド産のトンデモ日本が出てくるいつものやつだったか、といった感じ(アメドラではわりとある)。 

フルチンで演舞を披露するシーンもあるけど、ドラマ「ウエスト・ワールド」を見た後だと、そのみすぼらしさがむしろ気になる……。

話も冗長で、途中何度も挫折しそうになってスマホをいじろうとした。イッキ見したのは熱中したからではなく、一度ギブアップしたら二度と観ることがないだろう、と思ったからだ。

見終わったとき、モノクロなのに鮮明な映像と、犬のうんこ(観れば意味はわかる)しか記憶に残らなかった。

これがアカデミー賞か……賞レースを争った他の作品を見てないからなんとも言えないけど、うーん……と言った感じ。

これだけ絶賛されているんだから「わかった人」は多いんだろう。だけどボクは「わからなかった」。その記憶はここに記録しておこうと思う。

 

それにしてもなぜNetflixで配信したんだ。

こういう映像作品は、映画館で二時間拘束して、無理やり一気観させるほうが適していると思うのだが。