僕は友達がいない

連絡を取りたい方はhttps://twitter.com/kuron_hatenaかkuronhatena@gmail.comまで

色々語ろう

近況報告だ。

寒かった2月、寒かったり暖かかったりした3月が過ぎ去り、4月となった。

室温

深夜でも室内の温度は20度を維持し、クローン病で慢性的な下痢に苦しむ僕でも、過ごしやすい環境となっている。

トイレの話

レミケードでCRPは安定し、コレバインで胆汁性下痢の回数は抑えられている。

これはチャンスか? と思い、十数年ぶりに初詣に行った。

おみくじは小吉。同行した母は凶。さすが5連続で凶を引いた女。僕を生んだだけあって、悪運にだけは恵まれている。

その後は喪中だからと神社の鳥居をくぐらずUターンしてきたご近所さんと談笑し、ジョギングコースを教えてもらった。

これがよくなかった。

体力をつけたいと同じコースを歩いたら、下血。また痔瘻が悪化してしまった。昨年末の頃から体調がどうも優れず、頬にできたおできが化膿し切開してもらったりと、今までにない症状が続いている。

表面上は復調しているように見えて、内面はボロボロなのかもしれない。

ここまでが2月の話。

その後は欝期を挟み、気分転換に映画館へと行った(詳しくは、前回の記事を)。

途中退席覚悟の遠出だったが、わりかしなんとかなった。

コレバインのおかげか、外出中でも三時間もトイレを我慢できた。あと1時間伸びれば、外出中にトイレにいかないことに現実味が出てくる。

痔瘻持ちなので、トイレはウォシュレットがなければ死ねる。この縛りがさらなる行動制限を生み自宅に缶詰になっているので、四時間トイレを我慢できるというのは、切実な願いなのだ。

屋根裏のネズミ

バルサンを焚いても、市販の殺虫剤を撒いても不死身のごとくカムバックしてきた先住民だったが、劇薬を撒いたおかげでついに息絶えたようだ。

以来甘い腐臭が鼻孔をつくのが癪に障るが、屋根裏にはなにもなかったんだからきっと壁の中なのだろう。こればっかりは妥協する。

薄気味悪さはあるものの、深夜に叩き起こされないだけマシと言える。

車が壊れた

父が業務で使っている車のコンバーターだかなんだかが壊れた。おかげで坂を登れない。

車検を受けてなかったのか、とバカにしたんだけど、どうもその車検が原因らしい。

母曰く、借金返済で首が回らず、車検は父の友人の所に頼んでいたらしい。だがツケが溜まりに溜まって80万近くある(複数台所有していたため)ので、形だけの検査が続いていたようだ。

その結果がこれ。

元が中古車だから、修理するかしないかで大揉めすることに。

ココ最近の父の浪費癖は凄まじく、金銭的余裕もないのに倉庫や駐車場を借りようとしたり、トラックを購入しようとする。

年金も滞納し、督促状が届くたび役所に文句を言っている。対応した役人が女性だともう地獄で、これぞミソジニーといった内容を耳にタコができるほど聞かされることに。精神ヤムヤム。

正直家族の間でも会話がなくて、誰かが一方的に不満をぶつけるだけの日々なんだけど、今回ばかりはしょうがないということで、修理代だけ出すことになった。さらば諭吉。

弟が壊れた

そうだ、僕には弟がいたのだ。

いけ好かないやつだったから、存在を忘れていた。

そんな性格にしたのは事務仕事を押し付け、12時回っても寝かせない生活をさせた親父のせいなんだけど……。

だけどこれすらも元を正せば、僕が私立の中学校に進学し、高額の入学費用と学費で経済的に回らなくなり、父がオーバーワークをする必要性がでたからであって、つまるところ僕が悪い。その点では負い目を感じている。

さて、弟は色々あって勘当されて職場も所在地も分からない状況だったんだけど、今年になって連絡があった。曰く、24時間シフトを続けたことで、動悸息切れめまいがして出勤できなくなったとのこと。自費で健康診断も受けたが、異常は見つからず。

うーん、お兄ちゃんからアドバイスしていいかな?精神科いったほうがいいよ。

弟の務めている職場は慢性的な人手不足なので、数週間ほど様子見してくれることになったらしい。だが復帰したらしたで24時間シフトは続くので精神的に穏やかとはいかないし、病欠ではないから無給だ。生活に困窮し、復帰するまでの期間だけでいいので、なんとか生活費を工面してくれないか、とのことだった。

つまりあれだ。

さらば諭吉(二度目)。

涙が止まらない原因判明

クローン病とは言っても症状は千差万別で、僕の場合は回盲部切除による慢性的な胆汁性下痢と、それに伴う痔瘻だ。

これに加えて多汗症が原因なのか、ヒュミラの副作用なのか、突発性蕁麻疹が出やすくなっている。かゆみを伴う発疹なんて日常茶飯事で、これは飲み薬と塗り薬で対処している。

アレルギー体質なのか、造影剤を使うと「片目だけ」腫れる症状もある。

ここまでくれば、日常的な涙目となれば花粉症かハウスダストあたりを疑うはず。ぼくはもう諦めて、毎日四、五回は目を洗っていた。

ところがつい先日、母の提案で目薬を使った所、症状は改善。つまり、アレルギーではなく、ただの目の乾燥だった。辛い。

あの苦しみはなんだったんだ……。

いい年した大人が腹や尻が痛い痛いと言いながら、枕を涙で濡らすなんて惨めでしかない。それをそういうもんだからと諦めて耐えていたんだから、今となっては馬鹿みたいだ。

まとめ

漸進的な努力は続けている。

だけど周りが物凄い勢いで壊れてきている。

そんな感じ。