クローン病なADHD

TwitterのDM開放中です。https://twitter.com/kuron_hatena

ひきこもり、ユニクロで服を買う

クローン病だと判明し、治療を始めたのは僕が20歳(21かも)の頃。

当時は体内の炎症が酷かったため、平熱は37度台だった。冬でも暑く、涼むために床で寝ていた。

健康維持のために食事療法に手を出したけど、脂質制限が厳しいので肌が乾燥してふけの量がすごいことになった。体調不良も重なり床掃除が億劫になって、普段着は薄着の長袖、長ズボンに変わった。もちろん、袖口は閉まってる。

 

あれから5年。僕は外科手術を受け、平熱は36.5度になった。

だけど、服のタイプはあの頃のまま。セール品だったので購入したワンサイズ上の服に袖を通している。

時々女物の服も混じっているけど、男子トイレに入ってくるような大阪のおばちゃん達が愛用している服なので、いうほど女性的な感じもしない。

外出するのは散歩か定期通院のときのみ。

デートに行くわけではないので問題はなかった。少なくとも僕の中では。

 

だけどここ最近両親や主治医以外の方と話す機会があり、そこでちゃんとした服を購入するように勧められた。

とは言われても……。靴下のワンポイントすら厳禁な学生時代から直通ルートでひきこもった僕に、ファッションセンスなんてものはない。

 

及び腰の僕に勧められたのは「ユニクロ」。

多くの日本人はユニクロを勘違いしていると思う。

ユニクロ=安いという共通認識があり、貧乏人御用達だと思っている。

かつて1000円ジーンズが発売された時には、その共通認識ゆえ恥ずかしくて部屋着にしか使えない、という声をラジオで腐るほど聴いた。

 

だけど考えてみてくれ。

ジーンズ1000円。他の服は2000〜3000円だ。

生協なら、1着500円で買えるわけだ。セールならもっと安いものがある。

服に2000〜3000円出せるか?

しかも、体重変動が激しい僕だぞ……。

すぐに着れなくなるかもしれない。シートン法なんてしたら絶対無理だ。

 

悩みに悩んだ。家にあるジーンズは全部で三本。サイズは33が2本。30が1本。いずれも冬物。夏は暑いし、33のやつはサスペンダーが必要なほどぶかぶかだ。

せめてサイズのあった夏物のジーンズが欲しい。だがサイズが合ってしまうと、ぶっかぶかな服が浮く。できればセットで買いたい……。

というわけで、ついに買いました。

ジーンズは他店で。上はユニクロで。

約10年ぶりの店頭での購入。

舞い上がって、そのまま着て帰ったよね。

 

ばーかばーか。