クローン病なADHD

TwitterのDM開放中です。https://twitter.com/kuron_hatena

ポケモンのルリナの騒動を見て、iPhoneのemojiを思い出した。

どーも、自称ツイッタージャンキーのくろーんです。

Netflixで独占配信予定の「攻殻機動隊」。ついにキャラデザを担当するかたが発表されましたね。

ロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブさんです。https://twitter.com/Kuvshinov_Ilya

 

僕はこの人の絵を大昔に見たことがあって、懐かしさからツイッターのアカウントをフォローしました。

すると、TLに次から次へと流れてくるイリヤさんのいいねを押した投稿の数々。

フォローしたくなる魅力的な絵師さんが次から次へと見つかり、頭を抱えました。

そして目に留まったのがこの投稿。

https://twitter.com/mikapikazo/status/1140199658796417025?s=21

 

僕「君、誰や……」

肌が黒くて、アニメ顔。ぱっと見、ゲーム「シャンティ」の主人公みたい。

ツイッターで検索をかけたところ、ポケモンの新作に登場するキャラクター「ルリナ」だとわかりました。

ゲーム自体は未発売なのにわりと人気なようで、次から次へと投稿された絵が見つかります。

だけど、なんか妙にリプライ(返信数)が多いんですよね……。

わかりやすくいうと、焦げ臭い。

例えばこれ。

https://twitter.com/toni_infante/status/1141414234443669504?s=21

それとこれ。

https://twitter.com/naju0517/status/1139183941758283777?s=21

僕は英語がさっぱりなので、ツイッターの翻訳機能に頼るしかありません。

予想「あー、エロ絵云々で揉めてるんやろうな……」

実際「肌の色で揉めとるんか?」

 

探したら見つかるもんで、この騒動についてはすでにTogetterにまとめられていました。

https://togetter.com/li/1367384

わかりやすくいうと、公開されているゲームのSS(スクリーンショット)やキャラデザよりもメラニンが薄い、と。

それゆえ「ホワイトウォッシュ(漂白)」といったり、「レイシスト」と呼んでいるわけです。

 

僕が「ホワイトウォッシュ」という用語に初めて出会ったのは、攻殻機動隊がハリウッドで実写化されたときのことです。

ただでさえアジア系の俳優の仕事が少ないのに、アジア人と思われるフォルムの草薙素子(全身義体だし、自身のゴースト(潜在記憶)が本物か確認する術がないのでアジア系なのかすら定かではない)を白人のキャストに変更したため批判されました(もっとも、その変更は作品のテーマに絡んでくるものだったのですが)。

その後Netflixで配信されたリメイク版デスノートも、舞台をアメリカに移したことでキラは白人に、エルは黒人となり、同じ批判を受けました(スタッフはアジア系の人なんだけどね)。

 

ただまぁ、今回の件について僕としては釈然としないところがあったわけです。

僕がホワイトウォッシュの事例として挙げた先の二つは、明確に人種が変わっていました。

対して、こちらはどちらも黒人(に僕は見える)。

心のモヤモヤは晴れません。

そんなとき、昔似たようなことで揉めた話を目にしたな……と思ったわけです。

emojiですね。

 

黄色い絵文字の意図は「ありえない肌の色」 - INTERNET Watch Watch

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/704559.html

 

詳細はインプレスの元記事を見てもらうとして、僕がemojiの騒動を知ったのは、中国人ユーザーが声をあげたからでした。

emojiの人種的な多様性を確保するために肌の色を追加しようとしているんだけど、草案のアジア人の肌の色が黄色すぎて病気みたいだ、と。

👶←これね。

当時の僕も「非アジア圏から見たら、パックマンみたいな色だって思われてるのかよ」と反感を覚えました。

その癖アジア系以外のバリエーションには幅があり、全6種類(👶👶🏻👶🏼👶🏽👶🏾👶🏿)のうち、黒人(ネグロイド)だけで3種類もあるじゃねーかと思いました(のちに、👶←はありえない色であり、デフォルト色として設定されたものと説明がありました。当時のIT業界はデフォルト色の選定に苦心していたようで、Microsoftなどは灰色だった気がします(元記事を見つけられなかった))。

 

で、今回の騒動はつまりこれなんだろうな、と。僕からすればiPhoneのemojiのうち、デフォルト色の黄色を除いた肌の色で、黒人だと思うのは先程例示したうち右3つです。そして3つとも僕にとっては黒です。全部一緒。

ちなみに黒人か否かの境界線となる基準は、アジア人(モンゴロイド)である僕の肌の色ね。

 

だけど黒人社会からするとその黒の中でも明確に色の濃淡があり、だから僕が黒人だと思う肌の色が3つも用意されているんだろうな、と(実際はどうか知らない)。

思い返せば、子供の頃よく見た「ビバリーヒルズコップ」の主演エディマーフィと、最近みたドラマ「殺人を無罪にする方法」のメインキャストであるアルフレッド・イーノックは、肌の色全然違うしね。

 

で、僕はこの騒動について自分なりに納得したんですが、実はもう一つ論点があったようです。

キャラクターの人種が明言されてないから、日焼けなんじゃないか、と。

なるほどなぁ。

そもそも名前がルリナだし、日本人名っぽい響きもする。もしモンゴロイドなら、日焼けの有無によって色が濃くなったり薄くなってもおかしくない。だからファンアートで肌の色がコロコロ変わってもいいじゃないか。

漫画「もやしもん」みたいなノリだよ(あれは別人だったけど)。

そう、こんな感じで。

https://twitter.com/hews__/status/1141135078174547968?s=21

それに対するリプ。

https://twitter.com/gladybot/status/1141157157225807874?s=21

 

ただルリナの名前は海外版ではNessaなんですね。チェレンみたいな海外版と共通のキャラ名ではなかったんです。

人名から人種を同定しようとするのは無理があるのはわかるけど、日焼けで黒くなったという解釈は不自然だと僕は思った。

 

以上。

個人用として、まとめてみた。

こういうのって1週間ぐらいで何もかも忘れちゃうしね。

スマホで書いたので画像はありません。あとで推敲するかも。